FC2ブログ
France-1.jpg

  2004年3月24日、エールフランスで関空から飛びます。

イースターで込み合うパリから乗り継いで、花盛りのニースに着きました。

さあ翌日からフルに観光です。  街にあふれる黄色のミモザの花が鮮やかで、 花市場では一杯の見事な花にうっとりします。

シャガール美術館の圧倒される色彩、 カンヌでの映画祭会場の赤いじゅうたんの大階段なども良いのですが、 モナコはさすがにセレブの町の風格で、地中海の眺めの素晴らしさと豪華な建物がズラリと並びグレース王妃を思い出します。

ホテル近くの公園で、地元で人気のペタンクと言うボーリングの元祖のような鉄の球を投げるゲームのお仲間にして頂きました。

言葉が分からなくても親切な方達に教えて頂いて、これで一気にこの旅のテンションが上がりました。

明日は私の目的地の一つアルルです。


     (キーちゃん)


2019.10.15
vienna-08.jpg

ドナウ河に沿ってバスはガタガタと田舎道を行きます。

目指すはスロバキアとの国境、河が大きく曲がるドナウベントを見るためです。

地図を頼りに人に聞いたりして、ようやく小高い丘の上から大きく湾曲するドナウを見て、 よくぞはるばる来れたと感激です。

本当はウイーンからのクルーズでここを通りたかったのですが日程が合いませんでした。

ホレホロンスキーチャルダッシュの好きな私は、 はるか向こうがホレホロン地方かなと目を凝らして眺め楽しみます。

歴史と地理が好きでFDを始めたので、好きな曲の地は行ってみたいといつも思っていました。

今回の旅はダンスも十分に堪能できたし、 コスチュームもどっさり買えたのでもう大満足です。

ハンガリーはイマイチだった娘も、 食事が美味しいしケーキが充実していて物価が安いのでお買い物が楽しく、
すっかりお気に入りとなり楽しく過ごせました。
  
お別れが寂しいですね。

              (キーちゃん)

2019.09.15
vienna-07.jpg

バスに揺られカロチャに遠征です、刺繍好きの憧れの地で楽しみにしていましたが着いてびっくり、刺繍のお店が見当たりません。

観光案内所で聞くとまだ観光シーズンではないとのことで、係りの女性が気の毒がり、 目的の刺繍博物館も閉館なのを車で連れて行って下さり、開けて見せて下さいました。
素晴らしい品々に囲まれて念願がかないました。

お礼に購入したカズさん用の白い刺繍のシャツは、他で見かけない程の良品でうれしですね。
帰りもどこ迄も広がる大平原をバスではるばると帰ります。

車中で籠一杯のリンゴを抱えたおばさんから一つ買い美味しく食べました。

夜はブダの由緒ある大きな教会でのコンサートへ。  
物価の割に高いなと思ったチケットは特別の貴賓席で、普段着で来た私達はちょっと気が引けました。

男女4人の素晴らしい歌手と、フルオーケストラの演奏も、昼間の疲れで余り楽しめませんでしたが良い思い出にはなりました。

  (キーちゃん)




2019.08.16
vienna-06.jpg

街巡りにはお得な公共交通1週間パスであちこちと駆け回ります。
まず中央市場はこの街最高の楽しい所で、食品などの珍しい物満載で、
特に名産のパプリカの山に驚きます。

2階にお土産用品が各種あり、民族衣装が市内よりかなり安いのがうれしいですね。  
毎日通うのでお店の人ともすっかり友達です。
有名な温泉にも入ります、水着着用で雰囲気はプールで、それなりに楽しめますね。
ドナウ河を渡って王宮から市内を眺め、この街の歴史を感じます。 
遊覧船から眺めるこの街が素敵に見えてきました。

物価がウイーンに比べ大分安いのでお財布に優しいのも良いですね。 
東欧1と言われる豪華レストラン、グンデルで奮発して食事もしましたね。
でもお味は情報誌お勧めの中央市場の隣の小さなお店が勝っていたと私は思います。
名物のパブリカのスープもずっと美味しいし、値段の安さには参りました。 何度も通ってしまいます。
いつの間にかこの街のファンになっていました。
2019.07.15
vienna-05.jpg

広い国立体育館は春のフォークダンスフェステバルで熱気に包まれています。

2日間のお楽しみは、中央のアリーナで繰り広げる、プロ、アマのデモと、皆で踊れるタイムです。

大好きなドナウテリュウウグロシュが曲調を変えて3曲連続で掛かるのに、交通事故から2か月の私は元気に踊れないのがちょっとくやしいです。

言葉が解らないのに気さくに話しかけてくれて、サークルで手を繋ぎ踊ると気持ちが通いますね。

アリーナの周囲は沢山の出店が取り囲み、民族衣装やアクセサリーがずらりと並んで、見事な刺繍などの手工芸品の売り込みも元気なおばさま達です。

見る物全てが欲しくなり思わずの爆買いで、支払いに困り両替に走りましたね。

娘はまだFDを始めてなかったのでちょっともったいない事でしたが、お買い物を楽しんでいました。


2019.06.23