FC2ブログ
180206.jpg

季節の踊りは、懐かしい冬の歌から「冬景色」です、

「冬景色」といえば、「津軽海峡・冬景色(石川さゆり)」の歌を思い出す人もいるかも!!

演歌ではありません、 日本のすばらしい昔の歌、『朧月夜』『紅葉』のような叙景歌です。

冬の風景では、2015年2月に「雪の降る街を」を踊ったのを思い出します。

朝起きたら、外はうっすらと雪化粧、そんな情景を頭に描きながら  (^▽^)/

「冬景色 」を踊りました。

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」02月06日(火)例会)。 

『冬景色(ふゆげしき)』は、1913年(大正2年)、文部省唱歌。

歌詞の中では、1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されている、とてもきれいな叙景歌です。

2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。

♪ さ霧(ぎり) 消ゆる 湊江(みなとえ)の  舟に白し 朝の霜  ただ水鳥の 声はして  いまだ覚めず 岸の家~♪

音楽は3拍子です。みんなで声を合わせて歌いながら踊るといいですね!
ステップは フォワード・アンド・バック、 ウォーク、 サークル・アウェイ・アンド・トウギャザー、  
トウィンクル、  スウェイクなど、 
サークル・アウェイ・・・は手を斜め上下に伸ばして、8の字を描くように水鳥が飛んでいる様子を表現します。


☆ 冬景色  の曲詳細 

       http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/8579.html

画像は 冬景色とイラストの合成 





スポンサーサイト



2018.02.06
コメント記入欄