FC2ブログ
170919.jpg
今日、9月19日は「苗字の日」です、 
1870年のこの日、戸籍整理のため、太政官布告により平民も苗字を名乗ることが許された。
しかし、なかなか苗字を名乗ろうとしなかった(市民は苗字がなくても不自由しないので、
全ての国民が姓を名乗ることが義務づけられたのは5年後の1875年2月13日)。

”姓を名乗れ”と言われても、困っちゃうな・・・
そうだ、今住んでいる地名を姓にしたらよいのだ、
それと場所だ、 川の中流に近い場所だから「川中さん」にしよう、上流の人は「川上さん」、下流の人は「川下さん」分かりやすい。
山の中腹の人は「山中さん」にしよう、頂上の人は「山上さん」、裾野の人は「山下さん」となる。


映画「丹下左膳」で大河内伝次郎が演じる丹下左膳が『姓は丹下、名は左膳』とセリフを言っているシーンが、いつまでも強烈な印象を残す(1928年)。
すこし古いかな!!

アニー・ローリーは「アニー(名)ローリー(姓)」になります。

そこで、
 
     {アニー・ローリー 」 を踊りました ( ^^)ρ 

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」09月19日(火)例会)。

スコットランド民謡の「アニー・ローリー(Annie Lauri)」は美しいワルツの調べで踊る。
この曲の主人公アニー・ローリーは、17世紀の英国スコットランドに実在した女性でマクスウェルトン家の美しい令嬢です、
このマクスウェルトン卿と称されるロバート(名)ローリー(姓)さんがアニーの父親です。

詩:ウィリアム・ダグラス、作曲:J.D.スコット夫人、 1838年頃、
♪ Max Welton's braes are bonnie Where early fa's the dew And 'twas there that Annie Laurie Gave me her promise true.
マクスウェルトンの丘は美しく 朝露にぬれる あの丘でアニー・ローリーは私に真実の愛をくれた~♪


踊りはアメリカの「トリプル・ワルツ(3人のワルツ)」、 簡単なフィギュアなので誰でも楽しく踊れます。


隊形はトリプル・サークル(男子中央、女子外側の3人1組、又はその逆)、  ミクサーです、
ワルツ・ステップ前進、 ワルツ・ターン、 CW半周り(女子は内と外が入れ替わる)、

等のステップで楽しく踊ります。♪o(^-^)o♪


☆ トリプル・ワルツ(アニー・ローリー)  の曲詳細 

         http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/5279.html



画像は アニー・ローリーのイラスト合成


☆ 又、これを機会に自分の「姓名」を家系図を元に調べ直すのも面白い!



スポンサーサイト



2017.09.19
コメント記入欄