FC2ブログ
170425.jpg

      漣、さざ波、さざなみ、も流れる川は みな同じ

     ♪くり返す~くり返す~さざ波のように♪  と歌う島倉千代子「愛のさざなみ」は同じでない。
     でも、♪やさしく、やさしく、くちづけする~♪ 「愛のさざなみ」はロマンチック、
     場所は川辺にしましょう、

     春の夜、岸辺の桜 風に舞い流るる川にひらひらと、水面にできる細かい波、さざ波、

     そこで踊りました、 「ドナウ河の漣」です。♪o(^-^)o♪

     哀愁をおびたロマンチックなワルツ、
     ドナウ河は遠くてイメージがなかなか湧かないので近くの加古川の流れを想定しました。

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」04月25日(火)例会)。

この曲はドナウ河の美しさを讃えて、ルーマニアの作曲家・指揮者のイヴァニヴィッチが1880年に作曲したワルツ。
日本では、田村貞一、明治35年(1902年)に作詞して流行。

♪ 月は霞む 春の夜  岸辺の桜 風に舞い   散りくる花の ひらひらと  流るる川の 水の面(おも)~♪

踊り方は、シングルサークルでワルツ・ステップのフリースタイル。
踊りは、最初、川が静かに流れる静的な小さいステップ、次に春風が吹き、さざ波が水面に出来、動的な大きなステップになります。
リズムにのせ、両手をさざ波のように左右に揺らしたり、左右にスウェイしながら8の字を胸前で水平に描いて川の流れを表現します。 

☆ ドナウ河の漣 の曲詳細 

                http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/3976.html

画像は 加古川とドナウ河のイラストの合成

スポンサーサイト
2017.04.25
コメント記入欄