FC2ブログ
170411.jpg

 今日は、小雨でしたが、加古川をわたるやわらかい春風に包まれています、加古川大堰上流部には、漕艇(レガッタ)もあり、日岡山は桜の名所です。

   桜を見ると歌いたくなります、踊りたくなります、♪o(^-^)o♪
   そこで踊りました。

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」04月11日(火)例会)。

「春のうららの隅田川~」の歌い出しでお馴染みの『花』は、
滝 廉太郎 作曲の歌曲集『四季』の第1曲目にあります、 1900年(明治33年)(第2曲『納涼』、第3曲『月』、第4曲『雪』)。
作詞: 武島羽衣(たけしま はごろも)
当時隅田川で盛んであった漕艇(ボートレース・レガッタ)の様子など、春の隅田川沿いに爛漫と咲くさくらの美しい情景が歌われている。
日本を代表する名曲です。

♪ 春のうららの隅田川(すみだがわ) のぼりくだりの船人が  櫂(かひ)のしづくも 花と散る  ながめを何に たとふべき~ ♪。

踊り方は、いろいろありますが、 リズムはチャ・チャ(Cha Cha)、 シングルサークルのツーステップで踊りました。 
逆LOD、LOD、円内、円外とツーステップにダブル・ヒッチを加えた簡単な構成です。
身体全体をリズムにのせ、軽快に踊ります(・・・少し飲みすぎた状態でも踊れますよ (*^o^*) )。 

☆ 花 ~はるのうららの~ の曲詳細 

                   http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/5743.html               

画像は 加古川及び日岡山の桜に、花のイラストの合成


☆ 新年度、今日がポルカ学校の入学式みたい、お二人の方が入学され!!、足ならし曲から入られて最後まで輪の中で一緒に踊られました。 
  ○橋さんと○富さんです、よろしくお願いします。 (^○^)

 
スポンサーサイト
2017.04.11
コメント記入欄