FC2ブログ
181113.jpg

11月になると秋バラの季節は終わりに近づきます、
また、11月はバラの大苗の植えつけ・植え替えの適期でもあります。
来年も美しいバラを楽しめるように、この時期のお手入れを気持ちを込めてしっかりとしてあげましょう。

野に咲く薔薇を見つけました、とても綺麗です!!

そこでイングランド(England)の「野ばら」を踊りました。♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」 11月13日(火)例会)。

『野ばら』(ハイデンリュースライン、Heidenroslein)は、 ゲーテ作詩(1799年)。 

お馴染みの曲、これもミセスの方々に人気があります。

ゲーテのこの詩は傑作と評価されており、
詩にはシューベルトは勿論、ベートーベン、シューマン、ブラームスを始め、多くの作曲家が曲を付けている。 
シューベルトの曲につけた訳詩は 
♪ 童は見たり 野中のばら  清らに咲ける その色愛でつ~♪
ヴェルナー作曲の訳詩は
♪ 童は見たり 荒野のばら  朝とく清く 嬉しや見んと~♪


踊り方は、スクェア(カドリール)隊形、
4人のスターでセットの中央を廻るのは3/4回転すよ、右側の一つ手前でスクェアのセットに入りましょう。 


☆ 野ばら の曲詳細 

       http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/1881.html  


画像は 野ばら 関連のイラスト合成。  






スポンサーサイト



2018.11.13
コメント記入欄