FC2ブログ
180320.jpg

「ポルカ」は今日が年度末の最終例会日です。

そこで 年度の締めくくりとして最後に 「仰げば尊し」を踊りました。( ^^)ρ

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」03月20日(木)例会)

1884年(明治17年)に発表された文部省唱歌。 学校の卒業式で広く歌われ親しまれてきた定番の曲です。
原曲は、2011年に発見されたアメリカの歌『Song for the Close of School』。
作詞者としてT.H.ブロスナン(T.H. Brosnan)、作曲者は「H.N.D」、

ドラマや映画でも卒業となるとこの曲が流れることから、抜群の知名度のある唱歌となります。

(1954年に公開された映画『二十四の瞳』(主演:高峰秀子、松竹)では、オープニング・エンディングで合唱されている)。

2007年(平成19年)に「日本の歌百選」の1曲に選ばれている。

♪ 仰げば尊し 我が師の恩 教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ) 思えばいと疾(と)し この年月(としつき) 今こそ別れめ いざさらば~♪

集いの場で踊る、最後の踊りは誰でも気軽に輪の中に入ってこれる簡単な踊りが向いている、歌いながら踊りましょう!

踊り方はシングル・サークル、 フォワード・アンド・バック、 バウ・アンド・カーテシー、 スウェイ、 サイド・ステップ、等で踊ります。

格調高く踊りますので、儀式のイメージが強いです。

☆ 仰げば尊し   の曲詳細 
       http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/1041.html

画像は 仰げば尊しなどイラストの合成。  



スポンサーサイト



2018.03.20
コメント記入欄