FC2ブログ
France-7.jpg

フランスロワールから平野を抜けて、大西洋岸のモンサンミッッシェル(キーちゃん)シェル修道院です。
広い草原の向こうに高い塔が見え歓声を上げます。  
10世紀末からの建築を重ね、何層にもなる巨大なその構造は見事なもので、どの角度からも良い被写体です。
潮の干満の激しいこの地は満潮になると陸と切り離されるそうですが、近頃は道路も出来て孤立することも無いようです。

堤防道路を渡り、門をくぐると狭い道沿いにそれは騒々しくお店がずらりで、なんじゃここはと思う程、石畳の坂道はちょっと疲れます。
それに修道院の中は広大で見て回るのも大変。  歴史を感じる重々しい雰囲気が満ちています。
何十もの大小の部屋を見るのはとても無理で、城壁の上から美しい砂のアートに見える干潮の海で気分が爽快になります。
さあ、パリが待っています。  
草原でのんびり草を食む羊たちを見ながら気持ちは飛んでいます。


(キーちゃん)







スポンサーサイト



2020.04.15
 | HOME |