FC2ブログ
180724.jpg

今日は何の日、7月24日は「地蔵盆(じぞうぼん)、地蔵会(じぞうえ)、地蔵祭」です、
(地域によって、新暦7月24日の地域と、1月遅れで8月24日の地域で行われる)
夏になると各地域で行われる地蔵盆、どんな小さな集落の道にもお地蔵さんの石仏があります、

そして子どものころ『かさ地蔵』の昔ぱなしなどに親しんだ私たち日本人にとって、お地蔵さんは身近な存在です。

そこで  庶民に親しまれる 「お地蔵さん」を踊りました。( ^^)ρ

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」07月24日(火)例会) 

地蔵盆,地蔵会
子供たちが地蔵に花などを供えて祀る。
地蔵が子供の守り神とされることから、地域の子供達が中心となって行われる。

作詞 平田明子 作曲 平田明子 、 手遊び歌「お地蔵さん」

♪ おじぞうさんはうごかない 
  おじぞうさんはわらわない
  おじぞうさんはしゃべらない
  じゃーんけん じゃんけんぽん ♪ 

ジャンケンをして負けた方が、お地蔵さんになります。 2人組で楽しめる歌遊びです。

うごかない わらわない しゃべらない”、

両手を上にあげてうごけない、お地蔵さん役の人の脇腹をくすぐって、笑らわせましょう!

明るくて 楽しい曲です~、歌いながら踊ります。

踊り方は シングル(カップル)又は(2人1組)、円内向き、 (ミクサーも可、M↑、W↓)、かいぐり、じゃんけん、パス スルー、等で踊ります。

☆ お地蔵さん  の曲詳細 

           http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/10665.html

画像は お地蔵さん 関連のイラスト合成。  





スポンサーサイト
2018.07.24
180717.jpg

今日は何の日、7月17日の記念日は「東京の日」です、
歴史上の出来事、 149年前の1868(慶応4)年のこの日、明治天皇の詔勅により「江戸」が「東亰」に改称された。

ウナ・セラ・ディ・東京、 東京行進曲、 大東京音頭、 東京スカイツリー音頭、おさらば東京、
東京エトランゼ、 東京ブギウギ、 東京音頭、 東京どんたく、 東京ラプソディ-、 トウキョウ・ポルカ、
トーキョー・ナイト、 などフォークダンスで踊られている曲はたくさんありますが、
「大阪ラプソディ-」も踊ったし、 西の大阪、東の東京!!

そこで 「東京ラプソディ-」を踊りました。( ^^)ρ

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」07月17日(火)例会) 

東京を代表する歌、
ラプソディー(Rhapsody)→狂詩曲、狂想曲 (高揚した感情の表現、熱狂的発言、情熱的な文)のこと。

昭和11年(1936年)の藤山一郎によるヒット曲です。門田ゆたか作詞・古賀政男作曲。

♪ 花咲き花散る宵も、  銀座の柳の下で、 待つは君ひとり 君ひとり ♪ 

明るくて軽快な曲、ノリのいい曲で楽しく踊りましょう。

♪楽し都~ 恋の都~♪ で曲調も踊りも最高に盛り上がります。♪o(^-^)o♪

『丘を越えて』『青い山脈』など多数のヒット作があります。
応援歌調のノリのいい曲で藤山一郎さんを知らない若い人にも人気があります。

又、手の動きが上下、左右、前・胸元と活発なので、発表会などでは、両手に赤い造花やボンボンを持って踊ると踊りも大いに盛り上がり、盛大な拍手がありますよ!
明るくて 楽しい曲です~、歌いながら踊りましょう!

踊り方は シングルサークル、フリースタイル、一人踊り、 4/4拍子、 サイド・ステップ、 ステップ・タッチ、 ソロ・ターン・8、 
     フォワード・アンド・バック、 クラップ、等で踊ります。

☆ 東京ラプソディ-  の曲詳細 

           http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/5878.html


画像は 東京&チアダンス関連などイラストの合成。  



2018.07.17
italy-18-04.jpg

フィレンツエから1時間余りでピサに到着。

広い緑の芝生の向こうに真っ白な塔が見え、
それは沢山の人が思い思いのポーズで、傾いた塔を支えて楽しんでいたり、芝生でボール遊びなど若者の姿が目に付きます。

塔の屋上に登るのをパスして、一人大きな古びた納骨堂のホールを巡ります。
床の大理石の下がお墓ですので敬虔な気持ちになります。

青空に飛行機がイースターの行事で、白い雲で円を描いて楽しませています。

フィレンツエに戻り、ナポリへの新幹線の時間を気にしながらの10分ほどで、駅前のスーパーでお土産を爆買いすると言う離れ業も、
優秀なツアコンさんのおかげです。

快適な車中ではお話が沢山であっという間です。
ナポリのホテルが街はずれで古く、鍵に問題ありで設備もイマイチ、今までが良かったのでまあこんなのも有りですね。


   (キーちゃん)
2018.07.15
180710.jpg

今日は何の記念日、7月10日は 「指笛の日」です。
「指笛」とは、口の中に指を入れて音を鳴らすもので、沖縄の音楽や、祭、応援などに欠かせないもの。 
"7”は、かぎ形に人差指を曲げて吹く形が7の字に似ていることから。"10"は、十本の指を使って様々な吹き方ができることから。

指笛は道具を何も使わずに、人差し指が一本あれば、大きな音が出るので、歌や演奏を盛り上げます。

そこで 指笛演奏で美しい音色を奏でる曲「口笛吹きと犬」を踊りました。 ( ^^)ρ

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」07月10日(火)例会)。

アメリカのトロンボーン奏者、アーサー・プライアー(Arthur Pryor)が作曲、  
原題: The Whistler and his Dog(ザ・ホイッスラー・アンド・ヒス・ドッグ)=(ホイッスラーと彼の犬)
ホイッスラー(Whistler)とは、口笛を吹く人のこと、 口笛がメロディの曲、 1905年、

この作品のモデルは、プライアーが飼っていたロキシーという愛犬である。
日曜日の朝の公園、少年が現れて口笛を吹くと、遠くから駆け寄ってくる小犬の姿がある。
少年と小犬はじゃれ合い、スキップしながら、少年と小犬が遠ざかって行く。という一場面を音楽で表現している。

踊りはダブル・サークル(ミクサー)、M↑、W↓、  サイド・バイ・サイドの隊形で、ショティッシュのステップ。
   
フォワード&バック・ショティッシュ、サイド・ショティッシュ、 クラップ、 サイド・ステップ、  
ショティッシュ・ターン、などで踊ります。
 
☆ 「口笛吹きと犬」 の曲詳細 

                 http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/10651.html

画像は 「口笛吹きと犬」の関連イラストの合成 





2018.07.10
180703.jpg

今日は何の記念日、7月3日は 「波の日」です。 七(な)三(み)で「なみ = 波」の語呂合せ。

強い台風第7号は、3日15時現在、長崎県西側を北北東へ進んでいます、「天気晴朗でないので波高し」

高い波でも乗り越えて進むぞ!!

そこで 「波のりこえて(オーシャン・ウェーブ)」を踊りました。 ( ^^)ρ

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」07月03日(火)例会)。

波のりこえて(オーシャン・ウェーブ)(Ocean Wave)はアメリカの軽快なスクェア・ダンスの曲です。

意味→波のりこえて、
オーシャン(Ocean)→ 海洋、大洋、
ウェーブ (Wave) → 波、
原曲→「ライフ・オン・ザ・オーシャン・ウェーブ(Life on the Ocean Wave)」、

踊りは隊形を気にせず、気軽に踊れる、シングルサークル(カップル)のミクサーダンスで踊りました。
7~8カップル程度のサークルを作る、   
フォワード・アンド・バック、  アーチ、 アレマンド・ライト、 ドー・サー・ドー、 
スウィング、 グランド・チェーン、 プロムナード、などで踊ります。
 
ダンスでは「波のりこえて」はサーフィンのように波の上(人の頭の上を)超えることは出来ませんので
波の下を潜ります(アーチの下を通り抜ける)。

☆ 波のりこえて(オーシャン・ウェーブ) の曲詳細 

          http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/3521.html


画像は 「波のりこえて(オーシャン・ウェーブ)」の関連イラストの合成  



2018.07.03
 | HOME |