FC2ブログ
161025.jpg

祭りの秋の最後は国際色豊に、外国で踊ろう、ビールが美味しい、ベルギーへ飛びました。
ベルギーの農村のお祭りに参加したつもりで踊ろかな!! ( ^^)ρ

そこで 「ブーレンケルミス(ベルギー)」を踊りました。

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」10月25日(火)例会)。

ブーレンケルミス(Boerenkermis)はベルギー(Belgium)の楽しい踊りです。

意味→「農村のお祭り」。

踊りはダブルサークルのミクサーダンスです、ツー・ステップ(Two Step)、 ジャンプ(Jump)、ツー・ハンド・ターン(両手回り)(Two Hand Turn)、   
クラップ(Clap)(拍手)、スキップ(Skip)、などで踊ります。
特にパートナーと拍手は、 膝、拍手、右、左、膝、右、左、両手と、拍手が特色でパーティでもよく踊られます。 o(^-^)o♪


☆ ブーレンケルミス  の曲詳細 

             http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/548.html


画像は 農村のお祭り関連イラストの合成 


 
スポンサーサイト



2016.10.25

image6s.jpg
10月22日、 孫娘の高校がめでたく文部科学大臣賞を獲得したお祝いのパーティーに行って来ました。

本当に頑張っていた姿を知っているので、ただうれしいですね。学校関係者から先輩や家族も沢山参加して、それは感激するだけの良い雰囲気でした。

3年間の思いを込めたパァフォーマンスも披露してくれて大満足の私でした。

     (キーちゃん)



2016.10.23
161018.jpg

秋の牧場シリーズです。 
牧場シリーズでは他に「アルプスの牧場」、「おお牧場はみどり」、「ゆかいな牧場」、「牧場の朝」、 
「イン・ザ・グリーン・メドウス(緑の牧場の中で)(チェコ)」と沢山踊りました。

今日は花嫁さんが登場です。
広い緑の山の牧場に、花嫁さんが馬車に乗ってやって来ましたきました、 羊や牛も美しい花嫁さんをひと目見ようと馬車の回りに集まって来ました。

羊飼いが吹く角笛の音色に合わせて馬車は牧場小屋を目指して軽快に走ります。

そこで踊りました、 「牧場の花嫁さん」  ♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」10月18日(火)例会)。

歌 高峰三枝子、 作詩 藤浦 洸 作曲 万城目 正 昭和26年、
1951年松竹映画「情熱のルンバ」より
健康的な明るさとウキウキしたリズム感で踊りましょう。

♪ 緑の山の 森のかげ  赤い瓦の 牧場小屋  窓にもたれて 羊飼い 花嫁さんを 待ちわびて 吹くは角笛 愛の唄~♪

ダブルサークルのラウンドダンスです。
ステップはツー・ステップ(Two Step)、 サイドステップ、トワールバイン、サークル・アウェイ・アンド・ツゲザ、
チェンジ・サイズ、トラベリング・ドア、バランスレフト、ライト、等で歌いながら踊ります。

☆ 牧場の花嫁さん の曲詳細 

        http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/1131.html
    
画像は「牧場」関連イラストの合成です。

2016.10.18

長年憧れていた町の夜明け、3泊ですから楽しめそうです。  
ホテルは金角湾を越えた旧ジェノバ人地区のペラで、有名なペラパレスホテルの近くです。
今回は宿泊出来ず残念でしたが次の時に念願を果たしました。
 
何を見ても初めてなのでワクワクです。
6本の塔のブルーモスクの壮大さに驚きます。
競馬場跡の歴史的広場の記念碑たちが私の心をつかみます。
この場所を何時も想像していました。
turkey-10-10.jpg

今日の目玉のトプカピ宮殿ではハレムを始め、有名な宝石館などもゆっくりと回れます。 
花に飾られたレストランでボスポラス海峡を眺めながらの昼食も素敵です。
午後の海峡のクルージングでは海からの壮大な眺めの素晴らしさに心躍ります。
 
グランドバザールでのお買い物は見る物すべてが欲しくなり、今で言う爆買いで忙しいですね。

夜にはホテルの近くを探検します。 
にぎやかな音楽に近寄って見ると何と大きなホールで何百人もの参加の結婚式です!
覗いていると中に案内され、ホールでは一杯の人が踊っています。 
先崎さんの講習のお蔭で皆さんとすぐにお仲間に入れます。 
日本人がトルコのダンスを一緒になって踊ってくれると、皆がそれは喜んでうれしいですね。 

今回で一番のサプライズでした。  これぞ旅の醍醐味です。
2016.10.15
161011.jpg

10月23日(日)の 「芸能発表会」では フイナーレで加古川ご当地民謡 「加古川よいとこ」を踊ります。
ポルカのメンバーも参加して会場の皆さんと一緒に踊りますので練習しときましょう。

加古川よいとこ、一度はおいで、一度と言わず、二度三度!!

  そこで「加古川よいとこ」を踊りました。 ♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」10月11日(火)例会)。

加古川市ご当地民謡「加古川よいとこ」2015年、
夏祭りや盆踊り、イベントなどで踊ろう!

歌詞: 有末正治(市民から公募)、 作曲: 民謡連合会講師、 振付:民舞踊連合会、

♪ ハアー清き流れの加古川ひかり 西にそびえ高御位
  日岡御陵に花つつじ 自然の恵みここにあり(ソレ)
    来てみて 寄ってみて ヨーイヤサ (ヨイショ)
  加古川よいとこ みなのまち ~♪

ステップは全て盆踊りスタイルで踊ります。

☆ 「加古川よいとこ」 の曲詳細 

  http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/9967.html

画像: 加古川水道橋にて撮影、加古川北側水系と関連イラストの合成。


2016.10.11
161004.jpg

10月は栗の季節です、 秋の味覚を代表する「栗」、モンブランや栗きんとん、 栗ご飯に天津甘栗。
chestnut(チェスナット)が美味しい。

くり・クリ・栗、甘露煮の栗も美味しい、丸ごと食べたい栗どら焼き、栗大福 ・・・栗の話しは尽きない 

  そこで「大きな栗の木の下で」を踊りました。 ♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」10月04日(火)例会)。

「大きな栗の木の下で」 は芳名です。 「チェスナット・ツリー」(Chestnut Tree)フランスの踊りです。

ジャック・ヒルトン&セイン・オーケストラ(Jack Hylton und sein Orchester)  1938年、

♪ underneath the spreading chestnut tree
I loved her and she loved me
There she used to sit upon my knee
‘Neath the spreading chestnut tree
~♪
ニースの大きな栗の木の下で”愛”を告白するカップルの歌です。

同名で♪ 大きな栗の木の下で  あなたとわたし  なかよく遊びましょう  大きな栗の木の下で~♪
があります。


カップルダンスでミクサーも出来ます、
ステップはショティッシュで、ジェスチャー、ヒール・トー・ステップ、ランニング、スタンプなどで踊ります。


☆ チェスナット・ツリー(大きな栗の木の下で) の曲詳細 

  http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/830.html

画像: 栗の木、栗関連イラストの合成。

☆ 当日、美味しい「栗の甘露煮」を頂きました、まったく偶然です、「大きな栗の木の下で」を踊るなんて誰も知らないことなので、
不思議ですね、 家で美味しく頂きました。  踊って食べて、ダンスの秋、食欲の秋でした。(*^o^*)


2016.10.04
 | HOME |