FC2ブログ
Morocco-5.jpg

迷宮の町と言われるフェスでのホテルは、庭も広くて素敵な雰囲気の上に大きなショピングセンターが徒歩圏内なので町歩きが楽しいです。
翌日はまず街を見渡す城塞で白く輝く街並みを確かめ、陶器製造のお店などを見た後、いよいよ細い路地が入り組んだ巨大な
市場に入り、迷宮と言われるのが分かりましたね。
きらびやかなアラブ風衣装、バブーシュという革製のかかとを踏める靴、香水の瓶の可愛い事とあちこち見て回り、とうとう本当に道に迷いました。
ツアーの集合場所に行けなく困っていると、今まで大きな声でお店の客引きだった沢山の男たちが、携帯電話などで日本人が迷子だと捜してくださって
無事に合流できました。
本当に嬉しくてこの町が大好きになりましたよ。
治安がこんなに良いのには驚くほどです。民家でのお茶の時間では、やさしいご夫婦の結婚式の写真なども見せて頂きほっこりしました。
豪華なアラブ風のきらきらの装飾で埋め尽くされたレストランでの食事も美味しくて、忘れられない町となりました。


      (キーちゃん)


スポンサーサイト



2021.06.16
Morocco-4.jpg

アメリカ見渡す限りに広がるオリーブ畑の向こうの高台に石柱が見えます。
モロッコで唯一の世界遺産の古代ローマ遺跡です。
二千年以前から栄えた農業の中心地として広大な領土を持ち、美しい都市を築きました。

ギリシャ神話をモチーフとした神殿や凱旋門。  
歳月の風化にも負けず、過去の栄華を語っている列柱や、今も残る美しい色彩の数々が見事な床のモザイク画の浴場にはうれしくなります。
私の遺跡巡りの一番遠方を記録しました。 
朝の疲れが出て気分が悪いのが少し悔しいですが、爽やかな風の中で念願がかなって満足です。

ワインの名産地のメクネス旧市街の王宮には素晴らしいムーレイイスマイル廟があります。
非イスラムでも入れるので、その豪奢で繊細なモザイク画に埋め尽くされた内部に感嘆します。各地で食事の度に名物の三角形のタジン鍋料理が出ますが、ここのレストランが一番美味しかったですね。
メクネスは大っぴらにワインが買えたり飲んだりできるのです。
さあ一路迷宮の町フェスに向かいましょう。


      (キーちゃん)


2021.05.15
Morocco-3.jpg

山あいの小さな谷に有るのが今、青の町として大人気のシャウエンです。
中央の広場の大きな木の周りは観光客と、ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男そっくりの民族衣装の土産物売りや客引きで込み合っています。
フリータイムに狭い階段が曲がりくねった路地をあちこち歩きまわり、青い家に映える可愛い鉢植えの花達をカメラに収め、珍しい絵柄の民芸品を探して忙しいですよ。
女性の衣装も他とも違っていて素敵ですがこれは私には無理ですね。
山の中腹のホテルが問題でした。
2月で寒いのに暖房が効いていない。
おまけに朝食の後、部屋のカギがどうしても開かないのです。
ホテルの人がカギを壊してやっと入れる始末で、長年旅をしていて初めての大騒ぎで、もう朝からくたくたです。
大きくて眺めが良いのが売りのホテルがこれですから。
これから行く古代ローマ遺跡のヴォルビリスは今回私の1番の目的地なのにね。
気を取り直してさあ出発です。

         (キーちゃん)



2021.04.15
Morocco-1.jpg

2016年1月29日から11日間、アーモンド満開のモロッコへ行きました。
とにかく遠くて時間がかかります。
この時期は卒業旅行の若者たちが大勢で賑やかですね。
ドーハまでのお隣さんは同年代の女性で超行動派の素敵な方、話し相手に最高で良かったのに、乗り継では英語もしゃべらない無口のアラブ女性でつまらないね。
やっと着いたら中年男性添乗員は頼りなく、同行の同年輩の女性の気分が悪くても無視で私がお世話したり、入国に大変手間取ったり。
それでも全員で14人と少なく気分は楽ですね。
アフリカとは思えない高層ビルの立ち並ぶカサブランカから落ち着いた雰囲気の首都のラバトまで、高速道を一気にバスで行きます。
窓から恐ろしい位の大西洋の白い荒波が直ぐ近くに見え、アフリカの西端まで来たとワクワクです。
風の門と呼ばれる遺跡の近くで、フランス領時代の雰囲気の残る街並みの中の大きな素敵なホテルについたのでやれやれしました。

     (キーちゃん)


2021.02.15
America-8.jpg

アメリカ毎日のように行っているメット、メトロポリタン美術館の愛称です。
路線バスに揺られて島の北端に在る分館の、クロイスター修道院に行きます。
ニューヨーク中に多額の寄付をしているロックフェラーが大切にしていた元個人の祈りの場所です。

ゆっくりのバス旅ですがセントラルパークの広大な緑、豪華な邸宅群を眺め、延々と見えるハーレムの古いビル群と道沿いの商店の貧しい様子は胸がちょっと痛いです。乗客はほとんどが黒人になっていきます。
今は美術館として中世の豪華な品も沢山ですが、私の目的は世界一の富豪が愛していた、ロマネスク様式の装飾も無い素朴な祈りの場を見ることでした。

ここを見たら矢張り本場のスペインやフランスのバスク地方のロマネスク建築を見なければと決めました。14年後にやっと行けましたよ。
帰り道にまたメットに行き、ここが沢山の富豪たちの寄付でこんなに貴重な品々が見られるのも良いものだとも思いました。
あちらこちらと言葉も不自由なのによく歩きましたが、いつもより慎重に行動したおかげで何のトラブルもなく楽しく帰国できました。


 (キーちゃん)

2021.01.15
 | HOME |  NEXT PAGE »