FC2ブログ

vienna-01.jpg

1999年3月24日から4月2日迄、イースター週間を楽しもうと、私のプランで個人手配なので航空機の乗り換えとかでもちょっと緊張の旅です。

ウイーンではオペラ座の近くを宿にして、市内電車などであちこち遊び歩きにも便利です。
街一番の大通りから一つ入った古風なペンションで、
内装も民族色一杯の素朴さが良い感じで朝食も美味しいです。
玄関扉が又ユニークで、全面古い彫刻の巨大な木製が、ゴトゴト音を立てて開く電動なのが笑えます。
噴水のある小さな広場に面した部屋から眺める全てが心地良い3日間です。

繁華街の真ん中ですから素晴らしい民族衣装のお店があり,その高価なのにびっくりしながら前を通るのを楽しみます。
何処を見ても古都の良さが溢れていて、お店もイースターの飾付けのお約束の卵やチョコレートが華やかさ一杯でわくわくします。
明日からフル回転で遊びましょう。

             (キーちゃん)



 
スポンサーサイト
2019.02.16
tai-02.jpg
バンコックから1時間ほどのバスの旅で、古都アユタヤに到着です。
数百年前からの古風な赤レンガの寺院が辺りの風景を柔らかく見せています。

金ぴかでこれ見よがしの今まで見た寺院より、私はずっと心惹かれました。   王族の別荘の豪華な宮殿なども有りますね。
日本人街の遺跡では墓地なども有り、この国と日本との古くからのつながりに思いは馳せます。 
帰途は豪華な船でのクルージングです。
メコン川はホテイアオイの水草が大きな茂みをあちこちに作っていて、川面はゆったりと流れています。

船内での沢山のバイキング料理と冷たい飲み物で楽しみます。
それがなんてことでしょう深夜便で帰るのに、おなかの調子が悪くなりひやひやものでした。 
こんな体験は初めてで、もうアジアはお断りと思ったものです。

まあ楽しかったから良かったことにします。


 (キーちゃん)
2019.01.19
tai-03.jpg

さあ、今日はフリーです 。  
張り切って豪華な朝食も早々に街へと繰り出します。

まずは危ないと、ガイドブックにも書かれていたのですが、メコン川の渡し船に挑戦しました。
大きな川なので、ボロイ小さな船ではちょっと緊張ですが大丈夫です。

観光的で無く、何気ない普通の人達の暮らしが見えます。  
当時はひどく貧しい所も沢山でした。

三島由紀夫の小説で有名な「暁の寺」はお目当てでしたから、人に聞きながら、探しながら行けたのがうれしかったですね。

お昼は屋台の指差しで頼のむ立ち食いなんかもします。
安くて美味しいと評判ですからね。
大きなビルの周りにホームレスのような人が沢山いるのがちょっと胸の痛い所です。

それと日本と比べられない位の激しい交通渋滞がインフラの遅れを示していました。
車間距離なんて無い位の間隔でのものすごさです。

今は発展して良くなっているでしょうね。大満足の1日でした。

                (キーちゃん)

2018.12.15
tai-01.jpg

2005年1月4日からの旅です。

お店のお客様の希望で行くことになったのに、家族の急病でのドタキャンで、私一人では余り気乗りがしないですね。

フライトは短いので楽ですが、何時もの高揚感が少ないのが残念です。

それでも南国らしい蘭などの花が飾られたバンコックの町で、寒い日本との違いに気分良くしました。

ホテルも豪華ですし、クリスマスツリーとお正月の飾りが両方あるのには笑います。

ディナーでのきらびやかで楽しいタイ舞踊の数々にはすっかりはまり込んでしまいます。

翌日にはお約束のメコン川の水上マーケットや エメラルド寺院などでの観光や、見渡す限りの花盛りがうれしいローズガーデンで、象に乗ってのお散歩は楽しいですね。

辛いけど美味しいタイ風すき焼きですっかりこの国になじんでしまいました。

明日はフリーです。 楽しみましょう。

    (キーちゃん)
2018.11.15
italy-18-07.jpg
 
小雨の中、朝早くからバチカン美術館に並び、ようやくシステーナ礼拝堂に入れます。
途中の貴重な美術品もさっと見るだけのもったいなさです。
さすがにミケランジェロの凄さにまあこれだけでも良いですね。 
明日は10万人!が礼拝する復活祭本番の為、広場や大聖堂は花で飾られ準備完了で、これもまた人が多すぎも我慢できます。

真実の口にも初めて手を入れました、以前はパスしても今回は特別です。
コロッセオも半端でない人込みの中、出来る添乗員さんの手際のよい事、少し並んで見学出来、トレビの泉、 スペイン階段とすべてクリアの見事さ、最高の仕事ぶりです。
いつもはフリーにして貰い一人で動いていたのが今回はだめと言うことで、まあこの混み様ではこれも正解でした。 
ここが初めての孫には良かったでしょう。

少しのフリーで人形も買えたので私の今回の旅は大成功でした。
おまけにミラノの美術館で、孫のリック預かりで困っていたのを見事な英語で助けて下さった、小6の息子さんと参加の素敵な美人が、 私の勧めでフォークダンスを始めて下さいました。
やったね!来月にお会いできそうで今から楽しみです。 
旅は後まで楽しいですよね

 (キーちゃん)

2018.10.15
 | HOME |  NEXT PAGE »