FC2ブログ
vienna-06.jpg

街巡りにはお得な公共交通1週間パスであちこちと駆け回ります。
まず中央市場はこの街最高の楽しい所で、食品などの珍しい物満載で、
特に名産のパプリカの山に驚きます。

2階にお土産用品が各種あり、民族衣装が市内よりかなり安いのがうれしいですね。  
毎日通うのでお店の人ともすっかり友達です。
有名な温泉にも入ります、水着着用で雰囲気はプールで、それなりに楽しめますね。
ドナウ河を渡って王宮から市内を眺め、この街の歴史を感じます。 
遊覧船から眺めるこの街が素敵に見えてきました。

物価がウイーンに比べ大分安いのでお財布に優しいのも良いですね。 
東欧1と言われる豪華レストラン、グンデルで奮発して食事もしましたね。
でもお味は情報誌お勧めの中央市場の隣の小さなお店が勝っていたと私は思います。
名物のパブリカのスープもずっと美味しいし、値段の安さには参りました。 何度も通ってしまいます。
いつの間にかこの街のファンになっていました。
スポンサーサイト
2019.07.15
vienna-05.jpg

広い国立体育館は春のフォークダンスフェステバルで熱気に包まれています。

2日間のお楽しみは、中央のアリーナで繰り広げる、プロ、アマのデモと、皆で踊れるタイムです。

大好きなドナウテリュウウグロシュが曲調を変えて3曲連続で掛かるのに、交通事故から2か月の私は元気に踊れないのがちょっとくやしいです。

言葉が解らないのに気さくに話しかけてくれて、サークルで手を繋ぎ踊ると気持ちが通いますね。

アリーナの周囲は沢山の出店が取り囲み、民族衣装やアクセサリーがずらりと並んで、見事な刺繍などの手工芸品の売り込みも元気なおばさま達です。

見る物全てが欲しくなり思わずの爆買いで、支払いに困り両替に走りましたね。

娘はまだFDを始めてなかったのでちょっともったいない事でしたが、お買い物を楽しんでいました。


2019.06.23
vienna-04a.jpg

ブタペスト 素敵な思い出を沢山持って、ブタペストへバスで向かいました。

到着後バス停での両替で、ボラれると言うミスをし、地下鉄ではスリの集団に囲まれあわやとなったり、
迷ってお店で宿の場所を聞いていたら、
教えて上げると言うおじさんに連れて行ってもらうと、お礼をと手を出されるなど予約のユースホステルに着くまでが大変です。

日本との友好協会経営の宿なので日本人だけで、何と2階の個室で安心です。

荷物を置いてすぐに街へまた出かけ、予約の劇場でそれは素敵な本場らしいハンガリィアンダンスを楽しみました。

イースターの行事が沢山あり、人出も多いので治安はまずまずで用心していたらOKのようです。

広場で沢山の人が踊っています!勿論仲間になって踊ってしまいます。

それでも街並みがウイーンとは比べ物にならない古くて汚い感じが嫌で、娘がウイーンに帰りたいなんて言うので慌てます。

まあこれも旅の面白さだよと明日への期待に変えましょう。

    (キーちゃん)
2019.05.15
vienna-03.jpg

ウイーン最終日、美術史美術館で名画にご対面です。
まず建物が目を奪う豪華さで、壁や階段の色大理石の美しいこと。  装飾がまたすごいので見たいものが沢山ですから忙しいですね。

念願のブリューゲル作の「バベルの塔」の前で感激しました。  この旅の目的の一つですから。 
市内電車に乗って世紀末の名建築巡りもしました。

夜はおしゃれをして近くのオペラ座へゴー。 素晴らしい大階段を娘とちょっと気取って登る時の感動は忘れられません。
演目はイギリスのピューリタン革命の暗いお話で、華やかさが無いのでちょっとねですが、まあこんな機会はもう無いので休憩時間に豪華な衣装の展示などで楽しみます。
上の階ですから観客の方達の様子が眺められるのも良かったですね。

これで心置き無くウイーンにお別れできます。 ホテルが近くで良かったねと真夜中の道を大満足で小走りで帰ります。
明日はハンガリーへ出発です。

(キーちゃん)


2019.04.15
vienna-02.jpg

タイ王国 朝イチで市電に乗りシェーンブルグ宮殿へ。
テレビで見て目的にした、人の少ない内に広間でウイーンナワルツを娘と踊るのです。
今と違い観光客が少なく持参の音を小さくして少しだけ踊れたのが記念です。

見ていた老夫婦に拍手していただけました。モーツアルトのお墓にも参ります。
楽しいのは旅行情報誌で見たウイーン大学名物の、扉が無くて止まらずに回転しているエレベーターです。
楕円の構造でゆっくり動いていて、乗り降りは素早くと言う何とも面白い物で、何回も乗ってしまいました。  今はもう無いでしょうね。
馬車が観光客を乗せて走っていて、街並みに良く似合っています。有名なカフェに行きましたが、もうもうたるたばこの凄い臭いに慌てて出ました。

小さな感じの良いお店でくつろぎます。
大聖堂も直ぐ近くなので何度も足を運べて豪華な雰囲気を楽しみました。

2019.03.15
 | HOME |  NEXT PAGE »