FC2ブログ
tai-03.jpg

さあ、今日はフリーです 。  
張り切って豪華な朝食も早々に街へと繰り出します。

まずは危ないと、ガイドブックにも書かれていたのですが、メコン川の渡し船に挑戦しました。
大きな川なので、ボロイ小さな船ではちょっと緊張ですが大丈夫です。

観光的で無く、何気ない普通の人達の暮らしが見えます。  
当時はひどく貧しい所も沢山でした。

三島由紀夫の小説で有名な「暁の寺」はお目当てでしたから、人に聞きながら、探しながら行けたのがうれしかったですね。

お昼は屋台の指差しで頼のむ立ち食いなんかもします。
安くて美味しいと評判ですからね。
大きなビルの周りにホームレスのような人が沢山いるのがちょっと胸の痛い所です。

それと日本と比べられない位の激しい交通渋滞がインフラの遅れを示していました。
車間距離なんて無い位の間隔でのものすごさです。

今は発展して良くなっているでしょうね。大満足の1日でした。

                (キーちゃん)

スポンサーサイト
2018.12.15
181127.jpg

オランダでは収穫が終った時に、”さあ、踊ろう!” とみんなで一杯飲んで踊り始める。

その最初に踊られる踊り。

そこで「バオノプスティッカー」を踊りました。♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」 11月27日(火)例会)。

Holland Folk Dance、

ヤープ・リーグウォーター(Jaap Leegwater)-1989年、

四角のサークルでヘッド側の位置の人とサイド側の位置の人が波の満ち引きみたいに前進後退を繰り返すユニークな踊りです。

踊り方はシングル(四角のサークル)、  サークル・レフト ・アンド・ ライト、 フォワード・アンド・バック、 ヒール・タッチ又はステップ・スイング、  ギャロップ、又はサイド・ステップやソローターン等で踊ります。

☆ バオノプスティッカー の曲詳細 

       http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/358.html  


画像は オランダ、バオノプスティッカー 関連のイラスト合成。  



2018.11.27
180609.jpg

やりましたよ。 ピース!(v^-^v) ピース!

2025年、大阪万博(大阪での国際博覧会)が日本(大阪)で開くことが24日(日本時間)に決定しました。

加古川・西公の「ポルカ フォークダンス」も、ちょっぴりですけどテレビで応援に参加出来て楽しかったですね。

大阪では1970年以来55年ぶりとなります。

これからどうなるのか、ワクワクします。( ^^)ρ 




2018.11.24
181120.jpg

綿花畑が広がる大地「デキシーランド」19世紀アメリカ南部の情景です、

熱狂的な「ディキシーランド・ジャズ(Dixieland Jazz)」でも有名、

そこで「デキシーランド・ミクサー」を踊りました。♪o(^-^)o♪

(「加古川西公・ポルカフォークダンス」 11月20日(火)例会)。

「デキシーランド」はアメリカ合衆国南部諸州の通称です、
この土地が「ディキシーランドと」呼ばれるようになったのはフランスの10ドル通貨「DIX」(フランス語で「10」の意)。

曲 : Dixie's Land
アーティスト :ダニエル・エメット(Daniel Decatur Emmett)/1859年
アルバム : Southern Soldier、

♪ I wish I was in de land ob cotton,
Old times dar am not forgotten;
Look away! Look away! Look away! Dixie Land.~ ♪

♪綿花畑が広がる大地
忘られぬ古き時代
瞳に映るはディキシーランド~♪


踊り方は種々ありますが、今回はオール・アメリカン・プロムナードの踊り方で踊りました。
ダブル(ミクサー)、 M↑、W↓、サイド・バイ・サイドの隊形、  フォワード・アンド・バック、  
バランス、   トワール、等で踊ります。
オール・アメリカン・プロムナードの中にデキシーランドがメロディーで挿入されている(2曲目、Dixie)。 


☆ デキシーランド・ミクサー の曲詳細 

       http://fd-kazu.yatta.us/fd-data/1186.html  


画像は デキシーランド 関連のイラスト合成。  




2018.11.20
tai-01.jpg

2005年1月4日からの旅です。

お店のお客様の希望で行くことになったのに、家族の急病でのドタキャンで、私一人では余り気乗りがしないですね。

フライトは短いので楽ですが、何時もの高揚感が少ないのが残念です。

それでも南国らしい蘭などの花が飾られたバンコックの町で、寒い日本との違いに気分良くしました。

ホテルも豪華ですし、クリスマスツリーとお正月の飾りが両方あるのには笑います。

ディナーでのきらびやかで楽しいタイ舞踊の数々にはすっかりはまり込んでしまいます。

翌日にはお約束のメコン川の水上マーケットや エメラルド寺院などでの観光や、見渡す限りの花盛りがうれしいローズガーデンで、象に乗ってのお散歩は楽しいですね。

辛いけど美味しいタイ風すき焼きですっかりこの国になじんでしまいました。

明日はフリーです。 楽しみましょう。

    (キーちゃん)
2018.11.15
 | HOME |  NEXT PAGE »